エンピツらんど > 講師紹介 > 新井 雅代 先生

講師インタビュー

「間違えたら次に頑張ればいい」

新井 雅代 先生

講師歴:13年
前職:幼稚園の先生
趣味:ダンス

Q1.エンピツらんどの講師になろうと思ったきっかけを教えてください。

業務内容を見たときに私にぴったりだと感じたんです。
まず、小さい頃から書道を習っていて、師範を持っていたというのがありました。
そして、幼稚園の先生の経験もあり、また、テーマパークのダンサーという
エンターテインメントの経験もありましたので、子どもたちを楽しませながら、
表現豊かな授業ができると思いました。

Q2.子どもとは、どのようなものでしょうか?

限りなく可能性を持っている天使です。ときどき悪魔にもなりますが(笑)。
今の私をつくってくれたものだと思っています。
子どもと関わるということで、今の私ができた。
私に自信も与えてくれるし、自分の至らないところも気づかせてくれます。

Q3.講師をしていて一番の喜びは何ですか?

子どもたちとただ一緒に居られるだけで幸せです。
でも、気持ちが通じた瞬間や、一体感が出た時にはもっと幸せを感じます。
例えば、お友達に優しく接していたりとか、お互いに教え合っている姿を見たりですとか、
そういった時に、教室内の「一体感」を感じるんです。
それから、絵本の読み方が私とそっくりになっている子がいたりして、
そういう時は嬉しくなりますね。

Q4.子どもや保護者に伝えたいことは何ですか?

できない子どもにイライラしてしまうことって誰にでもあると思います。
でもそれは、今現在のその子が一番幼いんだと思ってみてください。
今できなくても子どもは成長して必ずできるようになります。

そして、イライラしてしまうママ自身も、今が一番若いんだと思って、
子どもと一緒に成長していければいいのだと、おおらかにいきましょう!

Q5.エンピツらんどのアピールをお願いします。

私自身、自分の子どもには怒ってばかりで育ててしまったんです。
だから、「母だからできること」と、「母だからできないこと」があるということを知っています。

エンピツらんどでは、母だからできないことのお手伝いをいたします。
安心して、私たちにお子さまをお預けください。